無料ブログはココログ

« 高瀬庄左衛門御留書 | トップページ | おじ・おば いとこ »

2021年9月 4日 (土)

婿どの相逢い席

小さな楊枝屋の四男坊が見染められた。鈴之介。
大きな仕出し屋の長女に惚れられたのだ。お千瀬。
婿入りして、女将大女将から申し渡されたのは
あんたは商売に口出すことは禁じます、子供のタネだけおろしていればよろしい。
することなく、ぶらぶらしている毎日です。
料理屋の伊那月から嫌がらせを受けているのが分かってきた。
お話しの筋の基本は、伊那月から嫌がらせを受けていて、それを跳ね返すのが主眼です。
ほんとは、お話しの芯は他にあります。
あんたは、子供のタネだけおろしていればよろしい、ここにあります。
さて、その展開はどんなこと。

読書メーター

広島ブログ

« 高瀬庄左衛門御留書 | トップページ | おじ・おば いとこ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高瀬庄左衛門御留書 | トップページ | おじ・おば いとこ »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31