無料ブログはココログ

« ひとこぶらくだ層ぜっと(上) | トップページ | 10月に読んだ本 »

2021年10月31日 (日)

ひとこぶらくだ層ぜっと(下)

「ひとこぶらくだ層ぜっと(下)」万城目学 幻冬舎
崖からパラシュートで飛んで、地面を突き抜けてここは地下の下なのだ。
それなのに上空には青空がみえている。
インディジョーンズかハムナプトラの世界観だと思ってちょうだい。
ここは異次元の世界なのだ。
砂でできた兵士がいて、襲ってくる。
上巻で出た得体の知れない美女がこの世界を統べている。
いや、別人だ、そっくりさんだ、双子なのかもしれない。
銀亀三尉がいる。女の将校で、下巻では大活躍する。ぎんがめ、ギルガメッシュから由来しているのかな。
ここから脱出できるのか。脱出できるのです。
それはどうやって。そこは読まなきゃ分からない。

読書メーター

広島ブログ

« ひとこぶらくだ層ぜっと(上) | トップページ | 10月に読んだ本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひとこぶらくだ層ぜっと(上) | トップページ | 10月に読んだ本 »

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31