無料ブログはココログ

« 9月に読んだ本 | トップページ | 三次の神社、三良坂を行く(自転車篇) »

2021年10月 2日 (土)

ごんげん長屋つれづれ帖【一】かみなりお勝

ごんげん長屋つれづれ帖【一】かみなりお勝
「ごんげん長屋つれづれ帖【一】かみなりお勝」金子成人 双葉文庫
書き下ろし文庫のひとつです。
書評だかうわさだかで、書き下ろし文庫の中に評判の物があるということで、これじゃなかろうかと目星を付けたものです。
四話あって、そのひとつのタイトルがかみなりお勝、どんな雷か読んでみたい。
お勝は質屋の番頭をしているが、質屋と同時に損料屋も営業している。
貸し出したお膳に傷がある。傷のわけを突き詰めるお話し。ここでかみなりを落とすわけじゃないのですよ。
理不尽なかみなりじゃない。真っ当なかみなりなんだよ。
第四話、「子は宝」お勝のところには子供が三人いる。
三人ともみなしごなのだ。お勝も火事で焼け出されてみなしごで育った。子供のみなしごの事情はそれぞれ。
長屋の年寄りがお勝の前で子供に告げる。
お前たち、三人はきょうだいだと思うか。思います。
お勝さんをおっかさんだと思うか。思います。

読書メーター

広島ブログ

« 9月に読んだ本 | トップページ | 三次の神社、三良坂を行く(自転車篇) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月に読んだ本 | トップページ | 三次の神社、三良坂を行く(自転車篇) »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30