無料ブログはココログ

« 月下のサクラ | トップページ | 刑事の慟哭 »

2021年10月13日 (水)

東京バンドワゴン

「東京バンドワゴン」小路幸也 集英社文庫
このシリーズ、現在、16作まで出ているのだそうです。その最初の巻です。
小路幸也が好みなら、「東京バンドワゴン」は外せない、のだそうです。
音楽楽隊のお話しかな、読んでみると、下町の東京バンドワゴンという古本屋のお話しでした。
四世代が同じ家で暮らす物語で、核家族時代に逆行した設定です。
中編が四話、それぞれどうってことない些細なことからお話しが始まります。
思いのほか、こんがらがっていくんですよ。
落語を聞いているような、ホームドラマのシリーズを見ているような、そんな気持ちに浸れます。
文庫だから巻末に解説があります。
現役書店員の解説で、これを読んだら、もう何も付け加えることはない、恐れ入りました。

読書メーター

広島ブログ

« 月下のサクラ | トップページ | 刑事の慟哭 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月下のサクラ | トップページ | 刑事の慟哭 »

最近のトラックバック

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31