無料ブログはココログ

« ごんげん長屋つれづれ帖【三】望郷の譜 | トップページ | 笑(わ)らける »

2021年10月 6日 (水)

京都の建物を見て唐代を思う中国人

中国人が京都の歴史的建造物を見て、我が国の唐の時代はこうだったのに違いないと偲ぶ。
それはそれで結構なことですがね。
中国では建築様式をどんどん変えていった。王朝の民族が違ったから。前王朝の様式を破壊するから。
日本では建築様式はあまり変わらなかった。王朝の民族が同じだから。

公園・庭園のアズマヤを比較してみましょう。
屋根と四本柱しかないから比較するのが簡単です。
中国のアズマヤは屋根の四隅が反り返っている、破風も屋根棟も装飾過剰、これは韓国も同じ様式です。
日本のアズマヤは屋根は極めてストレート、これが日本の文化様式です。

京都の建物を見て、我が国の様式だ、懐かしい。
この感想は不思議に思えます。
彼らの美意識なら【素朴過ぎる】【貧しい】このような判断を下すはずですがね。

京都で美意識に打たれたなら、帰国して、自国での美意識と衝突するはずです。
そういうことはならないでしょう。
あれは唐代のコピーだから、と言い聞かせて、違いを違いと認めず、バランスを取っているのです。

我が国が、日本に建築の様式・美意識を与えてやったのだ。
唐代の建築はこのようなものだったはずだ、そうに違いない、絶対そうだ、こう考えます。

他国の文化遺産で、自国の歴史を埋める行為を、恥とも無理筋とも思わないは、なぜでしょうね。

【京都の歴史的建造物を見た中国人たちの声「タイムスリップしたかのよう」】
サーチャイナ 2021-10-04 08:12
http://news.searchina.net/id/1702516?page=1

広島ブログ

« ごんげん長屋つれづれ帖【三】望郷の譜 | トップページ | 笑(わ)らける »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ごんげん長屋つれづれ帖【三】望郷の譜 | トップページ | 笑(わ)らける »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30