無料ブログはココログ

« 三次の神社、三良坂を行く(自転車篇) | トップページ | ごんげん長屋つれづれ帖【三】望郷の譜 »

2021年10月 4日 (月)

ごんげん長屋つれづれ帖【二】ゆく年に

「ごんげん長屋つれづれ帖【二】ゆく年に」金子成人 双葉文庫
書き下ろし文庫のひとつです。
四篇収録表題の「ゆく年に」はその中の四番目。
長屋の住人で樽を担ぐ人足仕事をしています。
女房が倒れてしまった。妊娠中のさなかです。
長屋のみんなは交代で世話を焼いてくれます。
恩返しできねぇ、親切が荷おもになってしまいます。
稼ぎ場所は霊岸島、女房に何かあった時、間に合わねぇ。
お勝さん、相談です、霊岸島に近い長屋に引っ越してぇ。
わたしは第二話がお気に入りです。
ごんげん長屋に妾が住んでいます。
本妻が乗り込んできた。
妾は旦那に手切れを告げた。
胸が透くねぇ。
さて、これからはどうなることやら。

読書メーター

広島ブログ

« 三次の神社、三良坂を行く(自転車篇) | トップページ | ごんげん長屋つれづれ帖【三】望郷の譜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三次の神社、三良坂を行く(自転車篇) | トップページ | ごんげん長屋つれづれ帖【三】望郷の譜 »

最近のトラックバック

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31