無料ブログはココログ

« オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ | トップページ | レディ・マドンナ »

2021年11月18日 (木)

短歌、五行か三行か

ふるさとの
訛なつかし
停車場の
人ごみの中に
そを聞きに行く

ふるさとの訛なつかし
停車場の人ごみの中に
そを聞きに行く

上の歌は五七五八七で区切りしたもの(一部字余り)
下の歌は石川啄木の区切りのまま

詠みあげるとき、どうしても五七五七七のリズムで詠んでしまいます
啄木は、十二 十三 七 で詠んでほしかったみたい
さぁ、どっち、リズムで詠みましょうか、意味の塊りで詠みましょうか

意味の塊りなのだから、私の短歌は二行で詠んでほしい、という歌人もいます
三行で詠んでほしい場合は、三行で書きます、とその歌人は言っています

でもねぇ、意味の塊りなど関係なく、五七五七七で朗々と歌い上げるのは気持ちがええのですよ

宮中の歌会始の朗詠、あれには参ってしまう、あまりに古風
奈良時代・平安時代は、あれでうっとりしていたんですねぇ

広島ブログ

« オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ | トップページ | レディ・マドンナ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ | トップページ | レディ・マドンナ »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31