無料ブログはココログ

« 隣の市の図書館カードを得ました | トップページ | ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード »

2021年11月25日 (木)

ヒルは木から落ちてこない。ぼくらのヤマビル研究記

「ヒルは木から落ちてこない。ぼくらのヤマビル研究記」樋口大良+子どもヤマビル研究会 山と渓谷社
三重県四日市市少年自然の家で子どもヤマビル研究会が始まった。
ヤマビルの撲滅が目的ではないよ。
ヤマビルの調査と生態解明が目的なのだ。
世間でよく言う、ヤマビルは木の上から降ってくる。間違いです。
表紙に、傘を逆にしてヤマビルを受けている子どもの写真があります。
これはネットでも有名な写真、こんな風に実証的に追及しています。
子どもが、ですよ。小学生が、ですよ。
ヤマビルは上からではなく、地面から這い上ってくるのです。
ヤマビルはどうやって生息域を広げるのか。
シカが広げている。これが世間大方の意見です。
一部はそうかもしれないが、大部分は水の流れに乗って広がっています。
いくら取り尽しても、次の大雨のあと、大量のヤマビルがいます。
指導者、ボランティアは前に出ず、子どもの自主性に任せています。
大部分は小学生、一部中学生がいます。
研究者も舌を巻く知見にあふれています。
発表会やケーブルTV出演で頼もしがられています。

奈良の春日山の山続きで石仏の芳山(ほやま)があります。わたし、そこでヤマビルにやられたことがあります。

読書メーター

広島ブログ

« 隣の市の図書館カードを得ました | トップページ | ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 隣の市の図書館カードを得ました | トップページ | ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31