無料ブログはココログ

« ヒルは木から落ちてこない。ぼくらのヤマビル研究記 | トップページ | ラブ・ミー・テンダー »

2021年11月26日 (金)

ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード

「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」小路幸也 集英社
東京バンドワゴンシリーズの11巻目です。
夏、チャーリングクロス街の夜は更けて、これがムチャクチャ面白い。
東京バンドワゴンの古本屋に英国紳士が訪問します。
英国秘密情報部のメンバーです。
英国人の自費出版の本を譲ってほしい、言い草が気に入らないから追い返します。
直ぐにイギリスに行こう。翌日イギリスに向かいます。
そこで英国情報部と渡り合うのですが、そこはここでは語れない。
万事解決するのです、ということだけは明かしてもよろしいかな。
表題のザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
ほんとに、長くて曲がりくねった道だよ。
何がどうとは語らないが、感動的な展開だよ。

読書メーター

広島ブログ

 

« ヒルは木から落ちてこない。ぼくらのヤマビル研究記 | トップページ | ラブ・ミー・テンダー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒルは木から落ちてこない。ぼくらのヤマビル研究記 | トップページ | ラブ・ミー・テンダー »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31