無料ブログはココログ

« 湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳 | トップページ | とと かか じじ ばば »

2021年12月17日 (金)

アンド・アイ・ラブ・ハー

「アンド・アイ・ラブ・ハー」小路幸也 集英社
東京バンドワゴンシリーズ、14作目ともなると、先々の展開が見えてきます。
「男はつらいよ」フーテンの寅と同じ味わいです。
マンネリだとの評判が立っても、同じスタイルを貫きます。
登場人物が多すぎて、一旦整理を試みています。
同居していた大山かずみが老人ホームに入居しに行きます。
高齢なので退場して行く配慮なのかもしれません。
前作・前々作では幼な子だった、かんな・鈴花も小学生になりました。
退場していく者もあり、活躍の中心に出ていく者もあり。
青の母親である池沢百合枝も、最後の映画を主演して芸能界から引退しました。
今はまだ前段階、次は研人の時代がやってきます。

読書メーター

広島ブログ

« 湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳 | トップページ | とと かか じじ ばば »

コメント

初めて、ブログ訪問です。アンド アイ ラブ ハー。てっきり ビートルズの曲だとばかリ思いました。本なのですね。

児玉 さん
この東京バンドワゴンシリーズ
たいがい、ビートルズの曲名をそれぞれの巻の題名としています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳 | トップページ | とと かか じじ ばば »

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31