無料ブログはココログ

« 無言の圧 | トップページ | 自転車の仏式バルブ »

2021年12月20日 (月)

ピーク

「ピーク」堂場瞬一 朝日新聞出版
スポーツものであり、新聞記者ものでもあります。
なんぼ堂場瞬一でも新聞記者ものはあまり読む気がしないものです。
東日新聞の記者永尾は野球賭博を暴くスクープをものにした。
あれから17年後、元ピッチャー竹藤は殺人犯として法廷にいる。
犯行を認めているから長期の懲役はまぬかれない。
不自然なものを感じて、プロ野球界について調べ始めた。
中学球児を高校に斡旋する、高校球児をプロ野球に斡旋するブローカーの存在が分かってくる。
ブローカーの存在がこの殺人事件の芯になることなのだ。
非常に現実感の薄い設定だが、スポーツではありうることなのか。
根本は先輩後輩の関係にあるのか。
先輩後輩の関係が濃い世界のことは、薄い関係にいるわたしの世界からは理解できないのだろうか。

読書メーター

広島ブログ

« 無言の圧 | トップページ | 自転車の仏式バルブ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無言の圧 | トップページ | 自転車の仏式バルブ »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31