無料ブログはココログ

« 嘉すべき | トップページ | 本を繙く(ひもとく) »

2021年12月 8日 (水)

フィルムケース

写真を撮るのに、銀塩フィルムを入れて持ち歩くケースです。
20年前は普通にありました。
今はデジカメです、現像だのフィルムだのが絶滅してしまいました。
昔はそのフィルムの容器が簡単に手に入りました。
今、その代りになるものはあるんでしょうかね。
タッパー容器で小さいのがあるんでしょうかね。

なんでフィルムケースに関心を持ったか。
「ヒルは木から落ちてこない。ぼくらのヤマビル研究記」
この本を読みました。
子どもたちはヤマビルを捕獲して持ち帰るのに、フィルムケースを使っていました。
その当時はまだフィルムケースが家庭にあったのです。
今では、フィルムケースは存在しません。
今もヤマビル研究会は続いているはずです。
子どもたちはフィルムケースの代わりに何を使っているのでしょうね。

広島ブログ

« 嘉すべき | トップページ | 本を繙く(ひもとく) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嘉すべき | トップページ | 本を繙く(ひもとく) »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31