無料ブログはココログ

« 三河雑兵心得 壱 足軽仁義 | トップページ | 三河雑兵心得 陸 鉄砲大将仁義 »

2022年1月29日 (土)

三河雑兵心得 伍 砦番仁義

「三河雑兵心得 伍 砦番仁義」井原忠政 双葉文庫
植田茂兵衛の立身出世物語です。
設楽ヶ原の合戦で武田軍を散々に打ち破った。
しばらくは武田も侵攻しては来ないだろう。
一方、内憂があるのだ。
岡崎の西三河の衆が不満を抱えている。
ないがしろにされている、殿は直轄の浜松衆ばかり多用される。
総領の信康にも気を遣わなけばいけない。
与力先の松平善四郎は岡崎赴任を命じられた。
植田茂兵衛は浜松に残されて一本立ちの大将に任じられた。
高天神城へ補給する付け城を撃破する。補給路を断つ。
信州国境の青崩峠のパトロールに精を出している。高根城。
大幹部の大久保忠世から年の離れた弟を与力に付けられた。
後世、大久保彦左衛門と名を上げる人物なのだ。
今は、頭が高くて使いにくい。矯正に手を焼く。
家康と信康の桎梏が深くなる。

読書メーター

広島ブログ

« 三河雑兵心得 壱 足軽仁義 | トップページ | 三河雑兵心得 陸 鉄砲大将仁義 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三河雑兵心得 壱 足軽仁義 | トップページ | 三河雑兵心得 陸 鉄砲大将仁義 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31