無料ブログはココログ

« きっと、必ずなのか、多分なのか | トップページ | マル暴甘糟 »

2022年1月 3日 (月)

黄金の刻 小説服部金太郎

「黄金の刻 小説服部金太郎」楡周平 集英社
セイコー 服部時計店創始者、服部金太郎の物語です。
小説には大概主人公に対して敵対勢力があるもんです。
これにはそんなものはありません。
山あり谷あり、ではなく、ずっと上り調子のお話しです。
そんなええことばっかりで面白いの。
それが面白いのです。主人公が苦境に立つと、読むほうも苦しくなります。
そんなストレスはありません。
丁稚修行を脱して、自分の時計店を開いたのが明治18年。
順調に船出したが、火事が延焼して丸焼けになってしまった。
再起して、順調に店を伸ばし、関東大震災で丸焼けになってしまった。
火事では苦労したが、人で苦労していない。

読書メーター

広島ブログ

« きっと、必ずなのか、多分なのか | トップページ | マル暴甘糟 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« きっと、必ずなのか、多分なのか | トップページ | マル暴甘糟 »

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31