無料ブログはココログ

« 大阪大学大学院文学研究科教授金水敏 | トップページ | 三河雑兵心得 足軽小頭仁義 »

2022年1月23日 (日)

三河雑兵心得 旗指足軽仁義

「三河雑兵心得 旗指足軽仁義」井原忠政 双葉文庫
足軽仁義シリーズの2巻目です。
植田茂兵衛は徳川家康直属の足軽で、本多平八郎のところへ宛がわれた。
背丈も高いし、本多平八郎の幟の鍾馗の旗印を掲げる役目に任じられた。
常にお頭の背後にいるのが役目だ。
乱戦では、幟に弓矢鉄砲弾が集中する。
遠江の掛川城を攻略する。
攻城中に背後から肩を鉄砲で狙撃された。
疑わしいのは横山左馬之助、どうもこいつにやられた気がする。
第1巻で、左馬之助の父親、横山軍兵衛を討ち取っていた。
それを恨みに付け狙っていたのだ。
この決着はお頭本多平八郎に預けることにする。
功を立て、徒侍に引き立てられた。

読書メーター

広島ブログ

« 大阪大学大学院文学研究科教授金水敏 | トップページ | 三河雑兵心得 足軽小頭仁義 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪大学大学院文学研究科教授金水敏 | トップページ | 三河雑兵心得 足軽小頭仁義 »

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31