無料ブログはココログ

« 歌舞伎座の怪紳士 | トップページ | 三河雑兵心得 伍 砦番仁義 »

2022年1月28日 (金)

三河雑兵心得 壱 足軽仁義

「三河雑兵心得 壱 足軽仁義」井原忠政 双葉文庫
足軽立身出世物語のスタートです。
三河は渥美半島の植田村、茂兵衛はそこの百姓だ。
弟が馬鹿で村の若者から虐められる。
仕返しに薪で殴ったら一人が死んでしまった。
弟の丑松を連れて村を出た。
夏目次郎左衛門に拾われて足軽小者になった。
一向宗一揆で夏目党は松平家康に歯向かうことにした。
一揆は負けた。
夏目次郎左衛門は茂兵衛ら三人を家康に推挙してくれた。
家康も自分の親衛隊を大増員しなければならないのだ。
今後は家康傘下の直参なのだ。
被官・またものの足軽とは大違いなのだ。
夏目次郎左衛門は名前を考えてくれた。村の名前を名乗ればええて、植田茂兵衛と名乗るがよい。
枝葉のお話しが面白い。足軽の戦着、胴丸の着方など。

読書メーター

広島ブログ

 

« 歌舞伎座の怪紳士 | トップページ | 三河雑兵心得 伍 砦番仁義 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌舞伎座の怪紳士 | トップページ | 三河雑兵心得 伍 砦番仁義 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31