無料ブログはココログ

« 帰還 | トップページ | 三河雑兵心得 壱 足軽仁義 »

2022年1月27日 (木)

歌舞伎座の怪紳士

「歌舞伎座の怪紳士」近藤史恵 徳間書店
就職先でセクハラに遭った。
以来、パニック障害を患い、家にいる。
父方の祖母から歌舞伎座のキップが送られてきた。
お小遣いプラスで、観た感想を送ること。
ためらったが承知した。
意外にも面白かった。
隣席は白髪の紳士だった。世間話をした。
次も歌舞伎座、その次は国立劇場でオペラ、さらにその次は小劇場で普通の演劇。
どの演目でも白髪の紳士にであった。
歌舞伎座の怪紳士、タイトルに意味があるんです。
ここではくどく解説しないけどね。
第一章第二章との筋立てです。
第一幕第二幕のほうがよかったかな。あるいは、第一場第二場でもよろしい。

わたし、近藤史恵には自転車レースから入って行ったんですよ。ツール・ド・フランス。
書いた小説に歌舞伎ものがあって、初期のものは読んでいました。
久しぶりの歌舞伎ものです。
他は、料理もの、コックが主人公のものは読んでいます。

読書メーター

広島ブログ

« 帰還 | トップページ | 三河雑兵心得 壱 足軽仁義 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰還 | トップページ | 三河雑兵心得 壱 足軽仁義 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31