無料ブログはココログ

« 三河雑兵心得 旗指足軽仁義 | トップページ | 三河雑兵心得 弓組寄騎仁義 »

2022年1月24日 (月)

三河雑兵心得 足軽小頭仁義

「三河雑兵心得 足軽小頭仁義」井原忠政 双葉文庫
徳川家康陣営での足軽出世物語です。
植田茂兵衛は徒侍に取り立てられて、足軽10人を束ねている。
本多平八郎に仕えているが、この若者に付いてやってくれととレンタルされた。
松平連枝だが、没落家系で、まだ少年の松平善四郎なのだ。
家来は誰もいない。盛り立てて育てていかねばなるまいて。
武田信玄が攻めてきて、三方ヶ原で決戦となる。
大負けに負けた。
敗戦の逃亡中、家康を見つけて浜松城への逃げ道を探し出す。
見所ありと、馬廻衆に任じられた。馬廻衆は名門の子弟の集まりだ。反対にあってそれは実現しなかった。
松平善四郎が足軽大将に任用された。
植田茂兵衛は副将として、騎乗の身分になった。
本筋は立身出世物語だが、枝葉の話が面白い。

読書メーター

広島ブログ

« 三河雑兵心得 旗指足軽仁義 | トップページ | 三河雑兵心得 弓組寄騎仁義 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三河雑兵心得 旗指足軽仁義 | トップページ | 三河雑兵心得 弓組寄騎仁義 »

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31