無料ブログはココログ

« 歌舞伎町ゲノム | トップページ | 特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来 »

2022年2月 8日 (火)

苛性ソーダ

水酸化ナトリウムのことなんですがね=NaOH
明治の時代、なんで苛性ソーダと命名したのか
英語で
caustic alkali of sodium; sodium hydroxide; caustic soda
caustic とは、燃える,焼けるの意味
それで、苛性と翻訳したんでしょうね
突飛な翻訳かと思ったが、逐語訳でした
明治期の正式名称は苛性曹達

比較のため、中国語でも苛性曹達と言うのかと調べたが、違いました
中国では 烧碱、(簡体字表記です)
日本から移植するのはやめて、独自路線で命名したようです

硫酸は中国語でも硫酸、塩酸は中国語でも盐酸(簡体字、繁体字では鹽)
苛性曹達は、中国人の言語感覚には合わなかったようです

広島ブログ

 

« 歌舞伎町ゲノム | トップページ | 特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌舞伎町ゲノム | トップページ | 特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31