無料ブログはココログ

« 日本語はこわくない | トップページ | 苛性ソーダ »

2022年2月 7日 (月)

歌舞伎町ゲノム

「歌舞伎町ゲノム」誉田哲也 中央公論新社
兼任御法度、凱旋御法度、売逃御法度、改竄御法度、恩赦御法度、中編5篇です。
タイトルと中身がマッチしているかどうかは追及しないでやってください。
歌舞伎町セブン、彼らは現代版の必殺仕事人だと思ってちょうだい。
警察裁判所も及ばない悪人に天誅を下す、そういう仕事なんです。
歌舞伎町セブンのメンバーは、現役の警察官あり、やくざの組長あり、先代のセブンの生き残りあり、多彩です。
前作「硝子の太陽Nーノワール」でメンバーの一人が殺されてしまった。
新しく、掃除屋(死体の処理も含む)がメンバーに加わった。
公序良俗に反するお話しなんですよ。
セブンのメンバーもターゲットも読むに耐えない描写がある。
その点、必殺仕事人なら絵空事として読み流せる。
ここは現代・歌舞伎町、現実の続きで、架空のお話しと読み流せない。

読書メーター

広島ブログ

« 日本語はこわくない | トップページ | 苛性ソーダ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本語はこわくない | トップページ | 苛性ソーダ »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31