無料ブログはココログ

« あらた あたらしい | トップページ | 「違和感」の日本史 »

2022年2月 3日 (木)

アサリ、輸入品か、国産品か

熊本産のアサリがほとんど中国産とのことですが

ハマグリ、アサリを輸入して塩水に漬けておく場合があります、これは畜養
畜養だけど、輸入品か国産か、そこは黙っているのでしょうね

ハマグリ、アサリはスーパーでは畜養と表示して売っています
消費者として選ぶ場合
畜養と書いてあれば輸入品、表示がなければ国産品と判断しましょう
値段を見れば、即座に見極めができますがね

年末の正月用品のハマグリに畜養と表示してありました
アサリでも同様な扱いだろうと思います

広島ブログ

« あらた あたらしい | トップページ | 「違和感」の日本史 »

コメント

知る範囲です。輸入品でも、現地生育期間よりも、日本の海で、育つ期間の方が、長ければ、日本産としても、良い、と、ききます。そういう、決まり事に、なっているとか。

取り扱い基準はそのようですね
畜養とあれば、一部トレーサビリティを満たしていますが
なんの表示もなかったら、判断できません
畜養とあるのは、良心的大サービスなのかもしれません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あらた あたらしい | トップページ | 「違和感」の日本史 »

最近のトラックバック

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31