無料ブログはココログ

« 〇〇しか勝たん | トップページ | 専制主義とはうまい括り言葉 »

2022年2月21日 (月)

ワトソン力

「ワトソン力」大山誠一郎 光文社
ワトソンとは、シャーロック・ホームズの相棒ワトソンのことです。
主人公は警視庁捜査一課の和戸宋志、彼がいると周囲の推理が活発化し、検挙率十割を誇っています。
和戸はこの作用をワトソン力と呼んでいます。
ホームズとワトソンが出る時代に帰って、この小説はえらくクラシックなんですよ。
密室もの、アリバイ崩し、どれもこれもスタイルが古い。
甚だしきは、アメリカへ渡る旅客機内で殺人事件が起きている。
究極の密室です。
わたしが思うには、松本清張以来、探偵小説は推理小説に進化してしまいました。
動機、事件の背景、これが小説の主眼になってきました。
密室もの、アリバイものに特化した小説、これではわくわくするようなものにはなりませんねぇ。

読書メーター

広島ブログ

« 〇〇しか勝たん | トップページ | 専制主義とはうまい括り言葉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 〇〇しか勝たん | トップページ | 専制主義とはうまい括り言葉 »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31