無料ブログはココログ

« 双三農免道(吉舎から国道375)往復(自転車篇) | トップページ | 接続詞の「あと」第二弾 »

2022年3月 4日 (金)

大義 横浜みなとみらい署暴対係

「大義 横浜みなとみらい署暴対係」今野敏
7篇の短編小説集です。
主人公は、暴対係の係長が諸橋警部、同期の城島警部補が係長補佐。
部下に、ヤクザと同じ風采のものあり、弱そうに見えるのに武道の達人あり、暴対に置いておくのが惜しいPCの達人あり。
監察で笹本警視、二人を目の敵にしているように見えるが、実は認めている。
神風会の神野組長、岩倉代貸、たった二人の組、暴対二人の相談相手なのだ。
7篇それぞれ、主人公が入れ替わりながらお話しが続いて行く。
雑誌「読楽」に連載のものだそうな。
「読楽」て雑誌、本屋で見たことがないなぁ。
地方書店だから取り扱っていないのだろうか。

読書メーター

広島ブログ

« 双三農免道(吉舎から国道375)往復(自転車篇) | トップページ | 接続詞の「あと」第二弾 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 双三農免道(吉舎から国道375)往復(自転車篇) | トップページ | 接続詞の「あと」第二弾 »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31