無料ブログはココログ

« 三次の神社、川地を行く(志和地駅、上川立駅)(自転車篇) | トップページ | みみざわり »

2022年4月29日 (金)

じんかん

「じんかん」今村翔吾 講談社
分厚い本で、読むのをためらったが、すらすらと読み易い本だった。
じんかんとは、織田信長の人間五十年下天のうちをくらぶれば
人間はにんげんと読むのではなくじんかんと読むのだそうな。
松永久秀の小説は少ない。あまり目にすることがない。
松永久秀の少年のころから死ぬまでを描いている。
小説では、通して、九兵衛という名前で貫いている。
九兵衛が親からもらった名前なのだ。
自分で松永久秀と名乗るようになる経緯も書いてある。
この本の案内人は織田信長、小姓に夜話をする、という体裁で語っている。
主に、三好家に仕え、盛り立てようとして裏切られる一生を描いている。

読書メーター

広島ブログ

« 三次の神社、川地を行く(志和地駅、上川立駅)(自転車篇) | トップページ | みみざわり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三次の神社、川地を行く(志和地駅、上川立駅)(自転車篇) | トップページ | みみざわり »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31