無料ブログはココログ

« 繭の季節が始まる | トップページ | 疑心 隠蔽捜査3 »

2022年4月 5日 (火)

御坊日々

「御坊日々」畠中恵 朝日新聞出版
畠中恵には、しゃばけ、まんまこと、つくもがみなどのシリーズがあります。
これはちょっと流れが違う。
明治ものシリーズがあるが、そこから湧き出したものでしょうね。
主人公は冬伯、弟子が玄泉、檀家のない寺です。
師僧が亡くなって、寺が潰れた。その寺を買い戻して再興したのが冬伯です。
5篇の連作短編、明治の上野周辺の人情風景を描いたものです。
料理屋の再建、出産で取り違えたかもしれないお話し、徳川埋蔵金、などなど。
冬伯は檀家のない寺をどうやって維持しているのか。
相場師として働いて、得た金を寺につぎこんでいるのです。
寺を買い戻した資金も相場で得た金なのです。
明治も維新後20年、江戸が東京に変わって、時代に熟れた頃のお話しです。

読書メーター

広島ブログ

« 繭の季節が始まる | トップページ | 疑心 隠蔽捜査3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 繭の季節が始まる | トップページ | 疑心 隠蔽捜査3 »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31