無料ブログはココログ

« 隠蔽捜査 | トップページ | 繭の季節が始まる »

2022年4月 3日 (日)

果断 隠蔽捜査2

「果断 隠蔽捜査2」今野敏 新潮社
竜崎は、前作の事件で責任を問われて、警察庁長官官房総務課から警視庁大森署の署長に転勤した。
サラ金強盗があって、緊急配備があった。
犯人は緊急配備の網から逃れた。
小料理屋で人質事件があった。
強盗の一人が立て籠もっているのだ。
最初はSIT(刑事部所属)が出動した。
行き詰って、SAT(警備部所属)が出動した。
人質は無事解放できたが、強盗は死んだ。
本来なら、竜崎は責任を問われる立場にある。
そこから大展開、どうなりますことやら。
同時並行で、竜崎の妻が救急車で入院する。
職場と家庭と身が引き裂かれるようなジレンマの中にある。

読書メーター

広島ブログ

« 隠蔽捜査 | トップページ | 繭の季節が始まる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 隠蔽捜査 | トップページ | 繭の季節が始まる »

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30