無料ブログはココログ

« 三次の神社、三和を行く、その1、三和の東半分(自転車篇) | トップページ | やりきれないの方言化 »

2022年5月12日 (木)

忠臣蔵の塩冶判官

仮名手本忠臣蔵での塩冶判官ですがね
モデルとしては浅野内匠頭のことだとされています
塩冶姓、サンズイではなくニスイの塩冶
こんな姓はどこから引き出したのでしょうね
まず実在しそうもない、<えんやはんがん>を繰り出したのは
奉行所の取り締まりを逃れるためでしょうね
吉良上野介が高師直、大石内蔵助が大星由良之助

なんでこんな話を繰り出したのか、それはね
塩冶(えんや)という人が今でも現存するのが分かったから

広島ブログ

« 三次の神社、三和を行く、その1、三和の東半分(自転車篇) | トップページ | やりきれないの方言化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三次の神社、三和を行く、その1、三和の東半分(自転車篇) | トップページ | やりきれないの方言化 »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31