無料ブログはココログ

« 沈黙の終わり(下) | トップページ | 5月に読んだ本 »

2022年5月31日 (火)

事件持ち

「事件持ち」伊兼源太郎 角川書店
著者の前職は新聞記者です。これは警察回り新聞記者の物語です。
新聞記者や警官がいっぱい出てきます。
誰が誰やらわけわからなくなります。わからなくても不都合はありません。
連続殺人事件が起きます。
抜いた、抜かれた、新聞記者間で特ダネ競争があります。
一番悲惨なのが特オチ、辞表に近いものがあります。
ここでは独材という術語がさかんに出てきます。
独自取材の短縮形です。
独材をまだ一本も出していない新人は嘲笑の対象のようです。
事件持ちとはなんぞや、転勤先のそこそこで大事件にぶち当たることだそうです。
警察でも同じ、赴任する先々で大ネタにぶつかる刑事の事です。
わたし、ほんとは新聞記者ものは好きじゃない。
好きでもないのに読んでしまうんだよなぁ。

読書メーター

広島ブログ

« 沈黙の終わり(下) | トップページ | 5月に読んだ本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沈黙の終わり(下) | トップページ | 5月に読んだ本 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31