無料ブログはココログ

« スポーツ推薦ないし、それと同様の制度がある | トップページ | 山狩 »

2022年6月11日 (土)

小説 日本博物館事始め

「小説 日本博物館事始め」西山ガラシャ 日本経済新聞出版社
主人公は薩摩士族の町田久成、不興を買って、外務省の籍を失った。
文部省を斡旋された。大学南校、東京帝国大学の前身なのだ。
町田には癖があって、仏像を収集することだ。
廃仏毀釈の嵐で、寺は破却され、仏像は放り出されている。
町田は藩名で英国に留学したことがある。
大英博物館にはえらく打たれた。日本にも博物館は必要だ。
大久保利通が手を回して、町田の身分は文部省から内務省に移った。
条件がある。
薩摩の島津久光を東京に引っ越しさせること。
廃藩置県で旧藩主が旧藩に残ったままでは不都合なのだ。
町田は島津家の連枝だから効き目があるだろう。
こんな経過があって日本博物館は完成した。
これが骨子なのだが、骨だけでは面白くもない、枝葉の部分が面白いのだ。

読書メーター

広島ブログ

« スポーツ推薦ないし、それと同様の制度がある | トップページ | 山狩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スポーツ推薦ないし、それと同様の制度がある | トップページ | 山狩 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31