無料ブログはココログ

« 小説 日本博物館事始め | トップページ | 国道を行くな、農道を行け、国道184号線(自転車篇) »

2022年6月12日 (日)

山狩

「山狩」笹本稜平 光文社
千葉県警安房署の小塚巡査部長、県警本部の山下警部補、この二人が主人公だ。
ふたりとも生活安全部に籍がある。
小塚は伊予ヶ岳頂上で死亡者を発見している。
ストーカー殺人だと捜査している。
容疑者として門井彰久に接近した。
安房署刑事課は捜査を妨害した。
亡くなった若い女性の祖父が元警官で副署長まで務めた人物だ。
小塚たちとタイアップすることにした。
これは裏事情があるお話しなのだ。
県警トップから下まで情実に絡め取られた背景がある。
元副署長がライフルで容疑者を襲撃する容疑で山狩りを始める。
勧善懲悪で無事解決するのだが、そのまま押し切られていれば、とぞっとする。

読書メーター

広島ブログ

« 小説 日本博物館事始め | トップページ | 国道を行くな、農道を行け、国道184号線(自転車篇) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小説 日本博物館事始め | トップページ | 国道を行くな、農道を行け、国道184号線(自転車篇) »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31