無料ブログはココログ

« 書記というイメージ | トップページ | モルドバ共和国って知ってますか »

2022年7月17日 (日)

スパイコードW

「スパイコードW」福田和代 角川書店
中国の大陸の政府は習近平が退任して董晧然が就任している。
中国人民軍は台湾進攻を目前にしている。
日本にはΩ機関がある。
前の大戦に負けて、組織と資金を闇に隠していたのだ。
Ω機関が動き出す。
牛王渉と蓼丸湊は中国にいる。
Ω機関が派遣したのだ。中国人の名前がいっぱい出てくる。
上流の名前が出たり、末端の名前も出てくる。
読者としては、誰が誰やら読み分けるのが大変だ。
董晧然主席の企みは頓挫する。
後任は一転して開明的な人物になることになる。
スパイ小説か、クライシス小説か、政治小説か。
いえいえ、その皮をかぶったエンタテイメント小説です。

読書メーター

広島ブログ

« 書記というイメージ | トップページ | モルドバ共和国って知ってますか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 書記というイメージ | トップページ | モルドバ共和国って知ってますか »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31