無料ブログはココログ

« 撮って出し 蔵出し | トップページ | 承認欲求 »

2022年7月 5日 (火)

熱風団地

「熱風団地」大沢在昌 角川書店
ヒーローは佐抜克郎、フリーの観光ガイドなのだ。
大学ではベサール語を学んだ。ベサールは南シナ海の架空の国。
クーデターが起き、王政は終わった。
佐抜はベサールの王子を探すよう依頼を受けた。
王妃は日本人で、王子も日本にいるのだそうな。
アシスタントが付けられた。
彼女はベサール人とのハーフで、元女子プロレスのレッドパンサー、潮ヒナなのだ。
どうやら千葉県木更津の山の中の団地、俗にアジア団地に王子はいるらしい。
団地には自治会があって、中国系が牛耳っているのだ。
クーデター政権には中国の手が入っているのだ。
王子と王妃を中国に連れ去ろうとしている。
さぁ、そこからは、巻き込まれ転々、そこんところがハイライトなのだ。
巻き込まれ物というと、不運なサラリーマンの坂田シリーズ、これと似たような展開になる。
ネタバレします、勧善懲悪、めでたしめでたしの結末になります。

読書メーター

広島ブログ

« 撮って出し 蔵出し | トップページ | 承認欲求 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 撮って出し 蔵出し | トップページ | 承認欲求 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31