無料ブログはココログ

« 自転車に乗りに行ったけど、引き返したお粗末 | トップページ | 元かれ 元かの »

2022年7月 9日 (土)

半沢直樹 アルルカンと道化師

アルルカンとピエロは対照的です。
アルルカンはずる賢い、ピエロは純粋。
半沢直樹は第一作オレたちバブル入行組で登場します。
出世したり、関連会社に出向したり、紆余曲折があります。
これは第五作、時系列は第一作の手前、大阪西支店の融資課長の時代。
仙波工芸社への融資が上がってきます。
一方、M&A案件で、買収の対象になります。
融資案件は邪魔が入る。
銀行としては融資するよりM&Aを推進せよ。仙波工芸社側には会社売却の意思はない。
さぁ、そこで、アルルカンと道化師、絵の題材です。
融資の条件の担保にも、M&Aの動機付けにも効いてくる。
仙波工芸社とは、美術出版社であり、絵画展イベントプロジューサーであるのです。

読書メーター

広島ブログ

« 自転車に乗りに行ったけど、引き返したお粗末 | トップページ | 元かれ 元かの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自転車に乗りに行ったけど、引き返したお粗末 | トップページ | 元かれ 元かの »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30