無料ブログはココログ

« ページを頁と漢字で書くのは | トップページ | 碓氷峠は何と読む »

2022年8月20日 (土)

気付き、仕組み

ここ50年でよく見かけるようになったものです
戦後も過ぎて高度成長期に入った頃からの言葉です
気付くが気付きへ、仕組むが仕組みへ、別に珍しくもないじゃん
いいえ、動詞はその作業そのものですが、名詞は形を浮かび上がらせます
気付き、仕組みをカタチにした者は、昇給・昇格になりました、学者のカブが上がりました、それほどの発見
気付き、仕組みに価値が誕生しました
50年前にはその価値に気が付いていませんでした

広島ブログ

 

« ページを頁と漢字で書くのは | トップページ | 碓氷峠は何と読む »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ページを頁と漢字で書くのは | トップページ | 碓氷峠は何と読む »

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31