無料ブログはココログ

« 三河雑兵仁義(八)小牧長久手仁義 | トップページ | じゃまとは漢字で邪魔と書く »

2022年8月 7日 (日)

ミカエルの鼓動

「ミカエルの鼓動」柚月裕子 文芸春秋
この小説は警察やヤクザのお話しじゃありません。
西條は北中大病院の外科医だ。
ミカエルの執刀医でもある。
ミカエルとは、ダヴィンチと同様な、外科手術支援ロボットなのだ。
最近、病院に真木という外科医が招かれて就任してきた。
ロボット手術ではなく、人間の手技を研鑚して手術する主義なのだ。
ミカエルに欠陥があると噂がある。
ロボットを使うか、手技を貫くか、問われている。
手術の術式の論争だとか、病気の進行経過など、著者は医者でもないのに伝わってくる。
続きが読みづらくなって、何度もバタンとページを閉じたもんです。
プロローグとエピローグは繋がっています。
ひゃぁ、えらいお話しに落とし込んで行くなぁ。

読書メーター

広島ブログ

« 三河雑兵仁義(八)小牧長久手仁義 | トップページ | じゃまとは漢字で邪魔と書く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三河雑兵仁義(八)小牧長久手仁義 | トップページ | じゃまとは漢字で邪魔と書く »

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31