無料ブログはココログ

« クローゼット・ファイル 仕立屋探偵桐ヶ谷京介 | トップページ | 三次の神社、甲奴を行く、その2、南西部分 »

2022年8月12日 (金)

任侠楽団

「任侠楽団」今野敏 中央公論新社
阿岐本組の日常です。
シノギにはならない阿岐本組長の道楽が今度は交響楽団。
年末公演が迫っているのに、交響楽団は内部分裂しそうです。
長老対若手、下手と上手、対立の原因はこれです。
今度常任指揮者がドイツ人に変わる。それを機会にヒビが入りそうです。
その指揮者が頭を殴打されて血を流した。
所轄は事故で片付けようとしたが、本庁は警部を介入してきた。
毎度おなじみの任侠○○と同様に、丸く収まっていきます。
でも、そうなるには、代貸の日村が気を揉まなきゃならない。
警察とヤクザが手を組んで収拾に当たる、珍しい光景が見えます。

読書メーター

広島ブログ

« クローゼット・ファイル 仕立屋探偵桐ヶ谷京介 | トップページ | 三次の神社、甲奴を行く、その2、南西部分 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クローゼット・ファイル 仕立屋探偵桐ヶ谷京介 | トップページ | 三次の神社、甲奴を行く、その2、南西部分 »

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31