無料ブログはココログ

« 三次の神社、甲奴を行く、その2、南西部分 | トップページ | 手術とタイプしてください »

2022年8月14日 (日)

三河雑兵心得(九)上田合戦仁義

「三河雑兵心得(九)上田合戦仁義」井原忠政 双葉文庫
読み始める前に目次を見る。
終章 茂兵衛、討死ス
あっりゃぁ、これで終わりなのか。
関ケ原まで大阪冬の陣夏の陣まで続くと思っていたが、これで終わりなのか。
家康が秀吉に降る最後の鍔迫り合いのころです。
信州上田で真田昌幸の動静が定かではない。
今は家康に従っているが、案の定、越後の上杉に裏切った。
徳川軍は真田勢を攻める。
軍議の席上、家康は、今までは植田と呼んでいたが、茂兵衛と呼んだ。
植田茂兵衛、皆と同様に親しく名前呼びしてもらって良かったなぁ。
真田との戦は負け戦、しんがりを守って、茂兵衛、討ち死にする。
百姓から成り上がった侍大将の一代記でした。

読書メーター

広島ブログ

« 三次の神社、甲奴を行く、その2、南西部分 | トップページ | 手術とタイプしてください »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三次の神社、甲奴を行く、その2、南西部分 | トップページ | 手術とタイプしてください »

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31