無料ブログはココログ

« 流転-越境捜査- | トップページ | 虫へん »

2022年9月 5日 (月)

先祖探偵

「先祖探偵」新川帆立 角川春樹事務所
「元彼の遺言状」「競争の番人」を読みました。
その空気感だろうと取り掛かりました。
違った、えらく重苦しいお話しじゃありませんか。
探偵と言っても、先祖の戸籍を探り出すお話しです。
幽霊戸籍、棄子戸籍、消失戸籍、無戸籍、棄民戸籍。
ヒロインの邑楽風子自身が、町役場の門前に捨て子されていたわけです。
最終話、その直前のお話しは邑楽風子自身のお話しです。
自分で自分の先祖を探偵するお話しなのだ。
前作と比べて、えらく方向転換したもんだ。
作者はこれからどの方向の作品を書いていくのだろう。
棄損した戸籍の住民がけっこういるものらしいねぇ。

読書メーター

広島ブログ

« 流転-越境捜査- | トップページ | 虫へん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 流転-越境捜査- | トップページ | 虫へん »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31