無料ブログはココログ

« イースーチー リャンウーパー | トップページ | とし、いくつですか »

2022年9月19日 (月)

布武の果て

「布武の果て」上田秀人 集英社
布武とは天下布武、織田信長のことです。
視点は堺の商人、今井彦八郎=今井宗久、魚屋輿四郎=千利休、天王寺屋助五郎=津田宗及からのもの。
三人は集まってはそれぞれの視点から世の中の動き・趨勢を見極める。
阿波の三好勢から信長に商圏を動かしたのもそのひとつ。
堺の商人でもあるが、信長の茶堂衆として、茶会での会話やりとりを耳にすることができる。
なにやら信長の動きに危険を感じる。
本能寺の変が起きた。
小説では信長が語るわけではない。
終始、堺商人の三人を追いかける。
それで充分に歴史を語ることに繋がっているのだ。
堺の会合衆の舵取りを旧勢力から奪い取るところなど、これも戦争のひとつでしょうね。

読書メーター

広島ブログ

« イースーチー リャンウーパー | トップページ | とし、いくつですか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イースーチー リャンウーパー | トップページ | とし、いくつですか »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31