無料ブログはココログ

« 三次の神社、作木を行く、その4、落ち穂ひろい | トップページ | 自転車遊びが20日以上も開いたのは »

2022年10月19日 (水)

曙光の街

「曙光の街」今野敏 文芸春秋
倉島警部補のシリーズです。これは初篇。
公安所属です。外事第一課。
公安と言うと、頭脳系を想像するでしょう。
いいえ、頭脳系でもない、肉体系でもない、平凡系です。
ロシアからマフィアが送り込まれた。
ヴィクトル・タケオビッチ・オキタ、日ロ混血のKGB上がりなのだ。
ターゲットはヤクザの組長。
なんだ、ただの殺し屋の事件かね。
いえ、公安上層部に原因があると見えてきた。
怒涛の展開が待っています。
主人公はロシアの刺客とヤクザのボディガードです。
ロシアのマフィアの刺客に肩入れしている自分がいる。生まれ育ちがいじらしいからね。
今回の公安は脇役だな。

読書メーター

広島ブログ

« 三次の神社、作木を行く、その4、落ち穂ひろい | トップページ | 自転車遊びが20日以上も開いたのは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三次の神社、作木を行く、その4、落ち穂ひろい | トップページ | 自転車遊びが20日以上も開いたのは »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31