無料ブログはココログ

« 自転車遊びが20日以上も開いたのは | トップページ | 国語辞典に酒帯び運転を »

2022年10月21日 (金)

白夜街道

「白夜街道」今野敏 文春文庫
前作「曙光の街」の続編です。
四年後、ヴィクトル・オキタはKGB出身の会社に雇われた。
クライアントに従って日本に来た。通訳と護衛が仕事なのだ。
外務省の役人が殺された。
犯人を追って倉島警部補はロシアに飛んだ。
もう倉島は前作のようなボンクラではない。歴とした公安刑事に仕立て上がっている。
モスクワから一日車で走ったあたりで撃ち合いになる。
事件は片付いた。
書類上では終わりにして、裁量に任せてあるのだ。深く追及すると国際問題になる。
公安は国内では嫌われているが、対外国となると、当てになるよねぇ、当てにしたいよねぇ。
ロシア名は覚えにくい。ダレノ・コトカビッチ・ダレノフスキー、イワン・イワノビッチ・イワーノフ。

読書メーター

広島ブログ

« 自転車遊びが20日以上も開いたのは | トップページ | 国語辞典に酒帯び運転を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自転車遊びが20日以上も開いたのは | トップページ | 国語辞典に酒帯び運転を »

最近のトラックバック

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28