無料ブログはココログ

« アマゾンのフェイクメール | トップページ | 倅と息子 »

2022年10月12日 (水)

切腹屋

「切腹屋」岩井三四二 光文社
辰次は駆け出しの公事師、公事ごとが舞い込んだ。
公事は信州の在で、坂田町の市と山手村の市の争いだ。
それぞれ殿さまが別々で、江戸での公事となった。
頼まれたのは山手村から。
手付け十両、勝ち公事なら礼金二十両、諸掛りは別、これで受けた。
待て待て、勝てる証があるか、質物を出せ。
ようがす、負けたら腹を切ってみせやしょう。
これが大変な裁判なんですよ。
相手方の坂田町に唐物屋という名うての公事師が付いている。
公事の攻防も読み物だが、匕首を持って夜中に殺しに来る。
さぁて、この公事、どっちが勝つか。
めちゃめちゃ面白い読み物です。

読書メーター

広島ブログ

« アマゾンのフェイクメール | トップページ | 倅と息子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アマゾンのフェイクメール | トップページ | 倅と息子 »

最近のトラックバック

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28