無料ブログはココログ

« 防諜捜査 | トップページ | 競争の番人 内偵の王子 »

2022年10月27日 (木)

ロータス・コンフィデンシャル

「ロータス・コンフィデンシャル」今野敏 文芸春秋
公安・外事1課に所属する倉島警部補のシリーズです。
今回、倉島はボンクラになってしまった。
公安としての勘が働かない。
常にアシストを依頼する仲間からも軽蔑されてしまった。
ベトナム人が殺された。
殺したのはロシア人らしい。
やっと勘が戻って、動き始めたが、アシスタントが全然いない。
公安総務課の課長に作業を申請した。
今野敏は作業と書いているが、スパイ小説なら、オペレーションと書くところだ。
ベトナム、ロシア、中国のスパイが入り混じっている。
殺人者を逮捕することだが、倉島の立場は外交上のカードを手に入れることなのだ。
今回も万事めでたしめでたしです。
題名のロータス・コンフィデンシャル、蓮の花案件とでも理解しましょうか。
殺人者は女でした。


公安外事の倉島警部補のシリーズは全部読み終わりました。
今も雑誌連載が続いているんでしょうかね。次巻が出るなら待ち遠しい。
普通、公安て嫌われるもんでしょ、ところが、公安外事となると、頼もしい。がんばれよぉ。

読書メーター

広島ブログ

« 防諜捜査 | トップページ | 競争の番人 内偵の王子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 防諜捜査 | トップページ | 競争の番人 内偵の王子 »

最近のトラックバック

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28