無料ブログはココログ

« まち中華 ガチ中華 | トップページ | read read read »

2022年11月 9日 (水)

それでも、警官は微笑う

「それでも、警官は微笑う」日明恩 講談社
著者はたちもりめぐみと読みます。
20年前の作品、パソコンが頻繁に出てくるが、懐かしい仕様です。
警官コンビ、武本巡査部長、潮崎警部補、理想的なデコボココンビです。
事件現場で麻取の捜査官と遭遇する。
麻薬とピストルを探っているうち出会ったものです。
小説の途中から書き方が倒叙法になる。
犯人は中国大使館出の中国人です。
中国スパイは一掃したものの、その中国人は海に落ちて行方不明です。
次作に繋げる作戦なのやら。
女流作家なんだが、細部に詳しいし、骨太だし、もっと多作であってほしい。
神南署湾岸署の安積警部補、新宿署の鮫島警部、犯人側のモズ、こんな名前が会話の中にでてくる。
岩崎白日夢(さだむ)警視、これは知らない。読んだことない。
饒舌過ぎて、空気がゆるむじゃありませんか。

読書メーター

広島ブログ

« まち中華 ガチ中華 | トップページ | read read read »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まち中華 ガチ中華 | トップページ | read read read »

最近のトラックバック

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28