無料ブログはココログ

« ソフトの使用期限とクレジットカードとの食い違い問題 | トップページ | 11月に読んだ本 »

2022年11月30日 (水)

三河雑兵心得 馬廻役仁義

「三河雑兵心得 馬廻役仁義」井原忠政 双葉文庫
このシリーズ、10巻目です。
前巻で植田茂兵衛は討ち死にしたとなっていた。
負傷して捕らえられ、真田軍の土牢に閉じ込められていた。
戸石城、城主は真田源三郎、後の信之で(次男の信繁ではないよ)茂兵衛とは昵懇の仲なのだ。
地震があり、内緒で解放してくれた。
信州総奉行の大久保忠世のもとまで帰ってきた。
植田茂兵衛討ち死にということで、鉄砲大将の後任は埋まっていた。
浜松に帰るしかない。
家康は茂兵衛を身辺に置くことにした。
馬廻役なのだ。秘書なのだ。
軍令の裏にある本音を知る立場になる。
軍制改革をする。茂兵衛は番頭を仰せつかった。
物頭ではないぞ。赫赫たる旗頭の立場なのだ。

読書メーター

広島ブログ

« ソフトの使用期限とクレジットカードとの食い違い問題 | トップページ | 11月に読んだ本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソフトの使用期限とクレジットカードとの食い違い問題 | トップページ | 11月に読んだ本 »

最近のトラックバック

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28