無料ブログはココログ

« 金 銀 銅 | トップページ | NHKのコロナ集計が変 »

2023年1月12日 (木)

天才たちの値段

「天才たちの値段」門井慶喜 文芸春秋
短編集です。
どれも美術品がテーマの作品です。
贋作を探るお話しです。
順番に、ボッティチェリ、釈迦涅槃図、地図、フェルメール、アールヌーボーのガラス器
真作か、贋作か、鑑定するお話しです。
時代は現代のはずだが、大正期のような、昭和初期のような、雰囲気が古色なんですよ。
主人公は女子短大の美術講師、短大と言うからには現代だよなぁ。
対話相手に美術ブローカーが出てきます。のちに美術コンサルタントの会社を設立します。
敵対勢力も出なければならない。
有名美術館の元学芸員、闇で鑑定の商売をしたということで解雇になります。
依頼される鑑定に、逆の鑑定をして対立する。
門井慶喜の、いつもの歴史ものとはかけ離れた短編集です。
どれが一番面白いか。
釈迦涅槃図、キリシタンの宗教画であるとの鑑定です。これは驚いたな。

【あのね、質問】
あなた、年明けから本を読むペースが落ちているが、どうかしたの?
【それはね】
わたしのHPのメンテナンスに掛かりっぱなしだから。ちょっと大量のメンテナンスがあるんですよ。本を読む時間をメンテに回しています。

読書メーター

広島ブログ

« 金 銀 銅 | トップページ | NHKのコロナ集計が変 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金 銀 銅 | トップページ | NHKのコロナ集計が変 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31