無料ブログはココログ

« まんぼうとは、何だったかな | トップページ | あねチャリ »

2023年1月18日 (水)

我、鉄路を拓かん

「我、鉄路を拓かん」梶よう子 PHP
平野屋弥市の物語、弥市は入り婿で、商いの店を出していたが、土工の請負の仕事に転じた。
幕末には、品川沖、横浜沖に台場造りを請け負った。
明治政府になり、新橋横浜間に鉄道を敷く計画が持ち上がった。
兵部省が反対で、線路は海中に建設されることのなった。
台場建設の経験があり、平野屋弥市も参加することになった。
六章仕立てだが、四章は建設のやり取りが割かれ、すっかりビジネス小説になっている。
梶よう子のこれまでの得意は長屋ものだが、サクセスストーリーだから、変わりはない。
お雇い外国人のモレルだが、現場好きで、好感の持てる人物なのだ。
請負元締めが年若なのだが、だんだんと人間が練れてくるところなどは、こうでなくっちゃ。
モレルでさえ、海中に鉄道線路を建設することは初めてなのだ。
自然の猛威を排し、地元の嫌がらせに抗して、鉄道線路は完成したのだ。

読書メーター

広島ブログ

« まんぼうとは、何だったかな | トップページ | あねチャリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まんぼうとは、何だったかな | トップページ | あねチャリ »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31