無料ブログはココログ

« 風の値段 | トップページ | 0 ZERO »

2023年2月25日 (土)

ぼう、あるいは、なにがしと読むのだと思っていました
それがしと読む場合もあるそうな
小説を読んでいて、なにがしと読んでは意味が通らない、ここはそれがしと読めば意味が通る

大阪では、相手のことをじぶんと言います
大阪人じゃないほうにとっては、じぶんとは自分じゃないか、何を言っているんだろう

どうやら、時と場合で、一人称二人称三人称が入れ替わることもあるようだ
頭の中で置き換えながら会話を続けるしかありませんね

広島ブログ

« 風の値段 | トップページ | 0 ZERO »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風の値段 | トップページ | 0 ZERO »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30