無料ブログはココログ

« 某 | トップページ | 石礫 機捜235 »

2023年2月26日 (日)

0 ZERO

「0 ZERO」堂場瞬一 河出書房新社
堂場瞬一にしては珍しく、警察もの、新聞記者もの、スポーツものではない。
小説家の物語なのだ。
初老の作家がいる。エンタメ畑の小説で権威を確立している。
最初は純文学がでスタート。すぐにエンタメ系に転じた。
同じ高校大学の後輩で小説家がいる。弟子と言ってもええでしょう。
巨匠が亡くなり、弟子は師匠の評伝を書こうと志す。
とっても読みづらい本なのだよ。
興味が湧くお話ではない。
構成の都合上、77ページの小説がアンコで挟まっている。
この小説が読みづらいのだ。
読む気がしない。
読み飛ばしてしまった。
いつもの堂場瞬一とは違います。
わたしら読者は純文学というジャンルで括っています。
ここでは純文と括ってある。
文壇ではそのような言い方をするのだろうか。
堂場瞬一ならではの括り方なのだろうか。

読書メーター

広島ブログ

« 某 | トップページ | 石礫 機捜235 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 某 | トップページ | 石礫 機捜235 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31