無料ブログはココログ

« ハヤブサ消防団 | トップページ | 花下に舞う »

2023年2月 7日 (火)

鬼を待つ

「鬼を待つ」あさのあつこ 光文社
「乱鴉の空」を読みました。あれれ、これは弥勒シリーズだ。
シリーズの中間の二作をまだ読んでいない。読まなきゃ。
殺しだ。咽喉に五寸釘が突き刺さっている。殺されたのは大工の棟梁。
続いて豪商の主人が殺された。これも五寸釘で咽喉を突き通してある。
主人公の遠野屋清之介に商戦を挑んできた。
清之介は商談を断った。姪を嫁にと誘いをかけてきたが、きっぱり断った。
その矢先に豪商は殺されてしまった。
殺しの仕掛けは生まれ故郷の嵯波藩からだった。
このシリーズ、主人公は商人なのに、生まれ育ちの武士の縁が沸き上がってきて、話が複雑になる。

読書メーター

広島ブログ

« ハヤブサ消防団 | トップページ | 花下に舞う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハヤブサ消防団 | トップページ | 花下に舞う »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30